葉酸サプリにはどのような効果があるか

金曜日 , 23, 6月 2017 Leave a comment

葉酸は、ほうれん草や小松菜などの緑黄色野菜に含まれているビタミンBの一つです。
水溶性であり、体内にとどめておくことができないため、毎日摂取する必要があります。
妊娠初期の場合、葉酸の摂取は特に大切となります。
この時期は、胎児の細胞分裂が著しい時であり、しっかりと葉酸をとらないと神経管閉鎖障害が起こるリスクが高くなる原因となります。
神経管閉鎖障害は脳が発達しない無脳症や脊椎に影響が出る二分脊椎になることがあり死産となってしまうこともあります。
この他葉酸の働きとしては、造血を促し血液の流れを良くする、DNAの合成をする、貧血を防止することがあげられます。
つわりを軽減する効果も期待することができ、全期間を通して必要な栄養となります。
産後、授乳する場合も、母乳の質をあげることもでき、産後の体の回復を早めることができます。
妊娠していない時も貧血予防、薄毛になるのを食い止めるといったことが期待できます。
妊娠中の場合、葉酸は1日に400?必要となります。
レバーに多く含まれていますが、レバーはビタミンAも多く胎児に影響が出てしまうことがあります。
食べすぎには気を付け、野菜や果物から摂りいれるようにすると安心です。
ですが、野菜の場合ゆでるなど加熱処理をしてしまうと吸収率がどんどん低くなってしまいます。
そのためほうれん草であれば2束食べないとならず、毎日調理するのが難しくなります。
このような時は葉酸サプリを利用すると良いでしょう。
葉酸サプリは1日の量がしっかりと入っており、ビタミンCやビタミンB群、鉄分、カルシウム、亜鉛などの成分も含まれています。
体調が優れない時にも気軽に服用することができるので、飲み忘れなどの心配もありません。
なお、1日の量は決められています。
多くとっても良い影響が出るわけではないので、しっかりと1日分を守ることが大切です。
飲み忘れたからといって多めに服用するのはやめましょう。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です